八尾市 恩智 田中歯科医院|一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・予防歯科

診療案内

診療案内

一般歯科

詰め物やかぶせもので虫歯を治療したり、歯ぐきの腫れを治療したり、入れ歯をつくったりする、いわゆる歯医者さんで一般的に行われている治療全般です。

  • 虫歯の治療
    • 虫歯の治療は、その進行度により方法が異なります。
      症状や部位により多様な治療法がありますが、簡単にご説明いたします。

      • 軽度の虫歯
        ほぼ、もしくは全く痛みがない虫歯で、歯の表層(エナメル質)でとどまっているものです。
        多くの場合は虫歯の除去後、レジンという歯と似た色の樹脂系の修復物を充填して治療しますので、1回の治療で治ることがほとんどです。
      • 中等度の虫歯
        虫歯がエナメル質の奥の象牙質におよぶと、冷たいものがしみたり痛むことがあります。
        レジンで治せることもありますが、メタルインレーという金属の詰め物で治療することもよくあります。
        また、場合によってはすでに歯髄(俗に言う「神経」です)に影響が及んでいることがあり、その場合は麻酔をしてから歯髄を除去し、中に菌が入らないように歯髄があった部分を封鎖してから、コアとよばれる土台をつくり、そのうえにクラウン(かぶせもの)を装着します。
      • 重度の虫歯
        虫歯が歯髄にまで進行しているもので、歯髄の除去が必要です。歯髄は歯に栄養を供給しているので、歯髄を除去した歯はもろく割れやすくなります。そのため、多くの場合は歯の全体をおおうクラウンで治療します。
        虫歯が根の奥の方まで進行している場合、治療が不可能となることがあり、その場合は抜歯を行います。

      虫歯の進行度

  • ブリッジによる治療
    • 虫歯や歯周病、外傷などによって歯を失った場合に、その歯をおぎなう方法のひとつです。
      なかでもブリッジは、比較的少ない歯の欠損に適応できます。
      失った歯の両どなりの歯を削って形を整え、文字どおり「橋渡し」をするように連続したかぶせものを装着する方法が一般的です。
      比較的多く歯を削る必要があるため、歯髄(神経)がある場合は痛みを生じることがあります。そのため、歯髄を除去することがあります。
      メリットとしては、入れ歯よりも自分の歯に近い感覚で食事したり、会話することができます。
      保険で作製する場合もすべてオーダーメイドでお作りいたします。

  • 入れ歯による治療
    • ブリッジと同じように、失った歯をおぎなうものですが、より多数のはの欠損にも適応できます。
      ブリッジよりも大型の装置ですので、慣れないうちは違和感があります。
      部分入れ歯の場合は、止め金がかかるところを少しだけ削りますが、歯と歯肉の両方で噛む力をささえるため、歯に対する負担は少なくてすみます。
      ブリッジと同じように、すべてオーダーメイドで作製いたします。

  • 歯ぐきの治療
    • 歯ぐきの腫れや化膿などを一般的には「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼びますが、正しくは「歯周炎(ししゅうえん)」といいます。
      歯周炎にも進行度があり、病期に応じた治療を行います。

      • 軽度の歯周炎
        歯ぐきの浅い部分のみに炎症が限られている状態です。
        見かけは歯周ポケットが深いですが、歯を支える骨に影響がないので、炎症を引き起こす原因となる歯垢や歯石を除去することで、歯ぐきの腫れがおさまれば、元の正常な状態に戻ります。
      • 中等度の歯周炎
        軽度の歯周炎の状態が続くと、歯周病菌の影響で歯を支える骨が吸収され、徐々に歯にぐらつきはじめます。一度失った骨を取り戻すことは非常に難しく、完全に元の状態に戻ることはほとんどありませんが、ご自身でのお手入れの徹底と、歯科医院での定期的な清掃で、なるべくこれ以上の悪化を防ぐことが治療のメインとなります。
      • 重度の歯周炎
        悪化がさらに進むと、歯を支える骨はほとんどなくなり、歯のぐらつきも大きくなり、歯周病の病巣をコントロールすることが難しくなります。すると、いくら清掃してもすぐに痛みや腫れがおこったり、常に化膿した状態になり、周りの歯にまで炎症が及ぶと、さらに歯周炎が広がることになります。このような状態の歯は速やかに取り除き、それ以外の歯をなるべく長持ちさせるように努めます。

      歯周炎の進行度

予防歯科

皆さまもご存知のとおり、虫歯や歯周病は、一度治療すれば再発しないものでは決してありません。治療がひととおり終わった後でいかにその状態を維持するかが重要です。そのため当院では予防歯科を重視し、定期健診やそのつどのクリーニングを行っております。
予防歯科

小児歯科

お子様の歯科治療はけっして大人と同じ様に行うものではありません。「こどもは大人のミニチュアサイズ」ではなく、小児特有の病態、解剖学的形態、精神的状態など、様々な知識が必要となります。
当院では小児歯科に精通した医師が、お子様の歯科治療をより的確に行います。
小児歯科

歯科口腔外科

当院では口腔外科を専門としてきた医師が常時勤務しておりますので、親知らずの抜歯、腫瘍や嚢胞の摘出、顎関節症治療、口腔内の粘膜の病変の治療や相談など、外科分野の診察も行っております。

自由診療

わが国の保険診療は他国に比べたいへん安価でありながら、非常に高水準であります。しかしながら、その保険診療にも限界があり、さらに高度な治療行うにあたっては、保険適応外ではありますが理想的な治療を提供することができます。

  • クラウン(かぶせもの)
    • 保険適応のクラウンは、前歯(糸切り歯まで)は見える部分を白くできますが、奥歯(糸切り歯から後ろ)は全部金属になります。
      保険外治療であれば、前歯から奥歯まで、すべての部位に対して白いかぶせものを装着することができます。

      • オールセラミック・クラウン
        金属を全く使用せずに作製するクラウンです。
        経年劣化による変色がほとんどなく、ご自身の歯と同じような透明感をも再現できます。
        さらに、よごれもつきにくいためむし歯や歯周病になりにくいという性質も兼ねています。
        金属を使用していないので、金属アレルギーの方にも特におすすめの方法です。
      • メタルボンド・クラウン
        内側に金属の裏打ちがあり、その上にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。
        経年劣化による変色がほとんどなく、よごれもつきにくいため、歯や歯周組織にやさしいです。
        昔からある治療法ですが、美しさ、耐久性など優れた面が多く、現在でも自由診療のクラウンではよく行われる治療法です。
      • ハイブリッドセラミック・クラウン
        メタルボンド・クラウンと同じように金属の裏打ちがありますが、白い部分の材質はセラミック(陶材)とレジン(樹脂)の合わさったものです。
        保険のものより変色しにくくよごれもつきにくいですが、長期間の使用で変色がみられます。
        ご自身の歯に近い適度なすり減り性質があるため、奥歯にかぶせるクラウンとしては最適です。
  • 入れ歯
    • 保険適応の入れ歯ではどうしても分厚くてしゃべりにくい、見た目が気になる、などのお悩みにお答えできます。

      • 金属床義歯
        入れ歯の内側が金属でできており、薄くて違和感の少ないものを作製することができます。
        舌の動きが障害されにくいので、食事や会話がスムーズに行うことができます。
      • ノンクラスプ・デンチャー
        部分入れ歯の場合、留め金の見た目が気になるという場合もあります。
        ノンクラスプ・デンチャーは、留め金のかわりに歯ぐきと同じ色の固定装置を使用することで、入れ歯を装着していると気付かれることはまずありません。
  • その他
    • ゴールドクラウン、ホワイトニング、スポーツ用マウスガード等、各種保険外治療を取り扱っております。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional